デスクトップ並のマルチメディア機能を Windows CE 上で実現――米マイクロソフトが「Windows CE 5.0」の技術プレビューキットを発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

デスクトップ並のマルチメディア機能を Windows CE 上で実現――米マイクロソフトが「Windows CE 5.0」の技術プレビューキットを発表

■トピックスの内容

米マイクロソフトは、WindowsCE の次期バージョンのテクノロジープレビューキット「Technology Preview Kit for Windows CE 5.0」を、現地時間の 29 日に公開した。キットは、サンフランシスコで開催されている展示会「electronicaUSA with the Embedded Systems Conference」のマイクロソフトブースにて、来場者に配布される。また、4 月 1 日からは、同社のサイト「Microsoft Windows Embedded Developer Center」からもダウンロードできるようになるとのことだ。

Windows CE 5.0 は、さまざまな新規ハードウェアのサポート、セキュリティ機能の向上といったベース部分の強化はもちろんのこと、開発期間の短縮を可能にする新しいコンポーネントの追加なども行われている。また、Direct X のモバイル版である“Direct 3D Mobile”をサポートすることで、デスクトップ並のマルチメディア機能が Windows CE 5.0 を搭載した機器で利用可能になる。

なお、最終版に関しては、今年の夏にリリースが予定されている。報道によれば、すでに 60 社以上の OEM、半導体メーカーが Windows CE 5.0 への対応に取り組んでいるとのこと。まだまだその全貌は見えていないが、現時点の情報だけを見ても、Windows CE 5.0 に対する期待は高まるばかりだ。続報を待ちたい。


デスクトップ並のマルチメディア機能を Windows CE 上で実現――米マイクロソフトが「Windows CE 5.0」の技術プレビューキットを発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3104d)