米マイクロソフトが「WindowsCE 5.0」の VoIP 機能強化を表明

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

米マイクロソフトが「WindowsCE 5.0」の VoIP 機能強化を表明

■トピックスの内容

先日もお伝えした新 OS「WindowsCE 5.0」だが、一部報道によれば、カリフォルニアで開催されているイベント「Spring 2004 Voice on the Net(VON)Conference & Expo」において、また新たな情報が発表されたようだ。

今回の発表は、VoIP 機能に関するものだ。VoIP 機能とは、インターネットやイントラネットなどの IP ネットワーク上で音声通話を実現する技術のことだ(今話題の IP 電話をイメージしてもらうと分かりやすいだろう)。Windows CE 5.0 では、この機能を大幅に強化しており、複数人数による音声会議機能などが可能だ。また、自動プロビジョニング(新規ユーザーにアプリケーションへのアクセス権を自動的に与えるプロセス)、個人認証機能によって装置の管理が非常にしやすくなっているとのことだ。


米マイクロソフトが「WindowsCE 5.0」の VoIP 機能強化を表明


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3800d)