Windows Mobile 2003 Second Edition for Pocket PC搭載機など、話題のPoket PCが東京・有明に集結

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Windows Mobile 2003 Second Edition for Pocket PC搭載機など、話題のPoket PCが東京・有明に集結

■トピックスの内容


マイクロソフト、WindowsCE FAN 共同共催の Pocket PC ユーザーイベント「Windows Mobile FAN Festa 2004」が 4 月 10 日に東京・有明で開催された。

イベントの中心となったのは、PDA 業界のキーマンを招いて行われたフォーラムであったが、会場では海外で発売されている Pocket PC Phone Edition、スマートフォンの展示のほか、出店社のオリジナル製品などが予約・購入できる特販ブースが設置され、非常に熱気のあるものとなった。

会場では、「海外デバイス」コーナーが設けられ、日本未発売のPocket PCが多数展示された。このようなイベントがない限り実際に手にとって触る機会がないだけに、非常に人気の高いコーナーとなった。特に、先日お伝えした米マイクロソフトから発表されたばかりの「Windows Mobile 2003 Second Edition for Pocket PC」(以下、Second Edition)を搭載したPocket PC「Genio e800」(英語版)が展示され、体験でき絶好の機会ということもあり、人だかりができるほどであった。しかし来場者の中には、Second Editionこそ搭載していないが、Genio e800を所有している強者ユーザーも見受けられ、その人気の高さがうかがえた。

そのほか、Second Edition 同様、国内での発売が非常に高いスマートフォンも展示された。マイクロソフトのスマートフォン「Orange SPV」や、マイタックの「Smartphone Mio8390」などが展示され、実際に手に取るユーザーが多い製品であった。

また、注目度が高かった製品としては、キーボードを搭載した「Hitachi G1000」、同じくキーボード搭載型の Pocket PC「HP iPAQ Pocket PC h4350」、「HP iPAQ Pocket PC h4355」、防水仕様の Pocket PC「TDS Recon」など、PDA ファンを心を揺さぶる興味深い製品が多数展示されていた。

今回展示されたスマートフォン、Pocket PC については、後日レビュー形式で詳細をご報告したいと思う。


Windows Mobile 2003 Second Edition for Pocket PC搭載機など、話題のPoket PCが東京・有明に集結


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3765d)