テレビやビデオからダイレクトに動画を記録できる多機能デジタルビデオレコーダー / プレーヤー「MOVIE VISION AV」が 6 月より出荷開始

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

テレビやビデオからダイレクトに動画を記録できる多機能デジタルビデオレコーダー / プレーヤー「MOVIE VISION AV」が 6 月より出荷開始

■トピックスの内容


システムトークスは、パソコンを介さずにテレビやビデオから MPEG4 動画を記録できる多機能デジタルビデオレコーダー / プレーヤー「MOVIE VISION AV(ムービービジョンエーブイ)」の出荷を、6 月 1 日より開始することを明らかにした。価格はオープン価格で、同社による市場予想価格は 3 万 4,800 円となっている。

MOVIE VISION AV は、筐体サイズが横 72mm×縦 104.5mm×厚さ 20.5mm で、重さわずか 150g という軽量のポータブルプレーヤーだ。録画フォーマットは、MPEG4(PC入力時:avi+mp3 ※ DivX 互換、TV・ビデオ入力時:asf+G.726audio)で、MP3 プレイヤーとして利用できる。外部出力機能があるため、TV につないで動画を再生したり、デジカメ画像のスライドショーを行ったりすることも可能だ。データの記録は、CF Type I スロットにメディアを挿入して行う(別売アダプタで SD / MMC、メモリースティック、スマートメディアに対応)。また、オプションで 20GB の HDD ドライブを利用することも可能となっている。

同製品は、2.5 インチ TFT カラー液晶の解像度が 320×240 ドットということもあり、デスクトップ PC 用の高解像度データをそのままメディアに移して再生、というわけにはいかない。また、各ファイルの連続再生時間も、mp3 で 6 時間(LCD 未使用時)、MPEG4 で 2.5 時間(CF メディア利用時)/ 1.5 時間(HDD 利用時)と、Pocket PC や Palm に比べて大きく勝っているわけでもなく、プレーヤーとしてはやや魅力に欠ける感は否めない(使い勝手はもちろんこちらが上だと思うが)。しかし、AV 機器からのダイレクト録画や HDD のオプション利用など、PDA では太刀打ちできない部分も多々あるのは確かだ。これで解像度が VGA になり、連続再生時間が延びれば、非常に面白い製品であるのは間違いないだろう。


テレビやビデオからダイレクトに動画を記録できる多機能デジタルビデオレコーダー / プレーヤー「MOVIE VISION AV」が 6 月より出荷開始


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3103d)