米 palmOne が うわさの新機種「Zire 72」「Zire 31」を正式に発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

米 palmOne が うわさの新機種「Zire 72」「Zire 31」を正式に発表

■トピックスの内容


かねてより Palm ユーザーの間で話題になっていた 米 palmOne 社の Garnet(Palm OS 5.2.8)搭載機「Zire 72」「Zire 31」が、ついに正式発表された。価格は、デジタルカメラ機能を搭載した Zire72 が 299 ドル、機能を絞り込んだ Zire31 が 199 ドルと、非常に求めやすい価格になっている。

Zire 72 は、小型の筐体にデジタルカメラ機能を盛り込んだことで人気を集めた「Zire 71」の後継機で、解像度は Zire 71 同様の 320×320 ピクセルだが、デジタルカメラが 31 万画素から 1.2 メガピクセルに、CPU が OMAP310 プロセッサ 144Mhz から Xscale プロセッサ 312MHz、メモリも 16MB から 32MB へとパワーアップしている。また、Word や Excel と互換性を持つファイルの作成・編集や、Windows 版 Outlook とのシンクロナイズも可能となっている。このほかにも Bluetooth やボイスレコーダーなど、299 ドルという価格からは想像もできないほど豊富な機能が詰め込まれている。

一方の Zire 31 は、海外では 99 ドルという驚きの低価格で販売されている「Zire 21」の後継機だ。こちらは CPU が OMAP311 プロセッサ 126MHz から Cotulla プロセッサ 200MHz に、メモリは 8MB から 16MB にパワーアップしている。また、Zire 21 にはなかった SD スロットが搭載されたことで、拡張性も大幅にアップしている。一番大きく進化したのは液晶で、モノクロだった液晶がカラーになっている。ただし、残念ながら解像度は 160×160 ピクセルのままだ(設定価格を考えると仕方のない話ではあるが)。

HP の「iPAQ Pocket PC h1920 / 1937」やデルの「Axim X3」、ソニーの「CLIE TJ25 / 37」などが登場してきているものの、まだ日本では“高い”という印象の強い PDA。本場である欧米では、このように“気軽に買える”価格帯の高性能かつ魅力的なモデルが多数登場している。PDA を愛するいちユーザーとしては、非常にうらやましい限りである。


米 palmOne が うわさの新機種「Zire 72」「Zire 31」を正式に発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3100d)