ケータイにタッチパネル? ―― NTT ドコモが FOMA の夏モデル「F900iT」「N900iS」「P900iV」を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ケータイにタッチパネル? ―― NTT ドコモが FOMA の夏モデル「F900iT」「N900iS」「P900iV」を発表

■トピックスの内容


NTT ドコモおよび NTT ドコモグループ 8 社は、FOMA の 2004 年夏モデルとなる新機種「F900iT」「N900iS」「P900iV」の開発を発表した。また、今回の発表に合わせて、2004 年 2 月に発売された「P900i」用カスタムジャケットの新色(10色)を、6 月 19 日 から順次発売していくことも明らかにした。

今回発表された 3 モデルの中でも、注目したいのは、ユニークな機能が搭載されている F900iT だ。F900iT は、回転二軸型形状の筐体で、“タッチパネル”を採用しているのが最大の特徴だ。スタイラスも同梱されており、手書きのメモをメールに添付して送信することが可能だ。PDA 感覚のスケジュール管理や Web 閲覧も可能となっている。もちろん、128 万画素のメガピクセルカメラ、Bluetooth の搭載と基本機能も充実している。

N900iS は、F900iT のように斬新な機能こそ追加されていないが、メール本文の読み上げ機能や、文字入力時に漢字の文字候補を表示してくれる“T9 ダイレクト”、マルチタスクキーによる i モード操作 / メール作成時の辞典参照など、使いやすさ重視したモデルとなっている。有効画素数 100 万(記録時は 200 万)のデジタルカメラを搭載しながらも重量は約 115g と軽量なので、「余分な機能はいらないので、シンプルで使いやすいものを」というユーザーはこちらを選択するのもいいだろう。

P900iV は、エンターテインメント機能を重視したモデルだ。大きく強化されたのは動画の再生で、前モデルの P900i では、176×144 ドット(QCIF)だった再生機能が、320×240 ドット(QVGA=フルスクリーン)にパワーアップされている。デジタルカメラも有効画素数 128 万から 198 万へと大幅にパワーアップしているので、日常のワンシーンをいつでもどこでも切り取れるキャプチャーツールとして大いに活躍してくれるはずだ。

いずれ劣らぬ魅力的な機種ばかりだが、やはり PDA ユーザーが最も気になる機種は F900iT だ。搭載されているツールの詳細こそ明らかになっていないが、“PDA 感覚のスケジュール管理や Web 閲覧”が本当に可能であるならば、Pocket PC や Palm OS 搭載機をはじめとする PDA の強力なライバルになるのは間違いないだろう。


ケータイにタッチパネル? ―― NTT ドコモが FOMA の夏モデル「F900iT」「N900iS」「P900iV」を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3770d)